地元の名古屋市、そして年末年始賑わうであろうお隣三重県の伊勢市と

大阪市、兵庫県神戸市は新名神高速道路を通る三重交通や

名鉄バスの高速バスで結ばれています。

名古屋市と神戸市を結ぶ高速バスは渋滞がなければ3時間あまりで、

名古屋駅と山陽新幹線の新神戸駅を新幹線で移動することに比べて

安価で快適なのですが、鉄道ファンとしてはやはり高速バスよりも

特急列車で愛知県や三重県の近鉄沿線から神戸市に向かいたいものです。

そうした要望に応えるように、団体専用列車の形とはいえ、

阪神電鉄の神戸三宮駅と近鉄山田線の伊勢市駅、近鉄名古屋線の

近鉄名古屋駅を結ぶ臨時の直通列車が近鉄特急の車両で走り出したのは

嬉しい限りです。

この列車で思い出すのが、かつて阪神電鉄の鉄道ファン向けのサイトに

エイプリルフールのジョークとして掲載されていた、

フリーゲージトレインを使って神戸高速線の新開地駅から

阪神電鉄、近鉄大阪線、近鉄名古屋線を経由して、

三重県桑名市の西桑名駅から三岐鉄道北勢線に乗り入れて、

三重県いなべ市の三岐鉄道阿下喜駅を目指すという夢の?

特急列車です。

ナローゲージ、特殊狭軌と呼ばれる軽便鉄道の狭い客車に乗ったことのある

人なら新幹線と同じ標準軌の阪神電鉄や近鉄大阪線や名古屋線と

レールの幅が標準軌の半分近いナローゲージの三岐鉄道北勢線を

直通する列車など技術的にありえないとすぐにわかるでしょうが、

嘘から出たまことということばもあるし、三岐鉄道への

直通は無理にしても、せっかく阪神電鉄と近鉄電車の直通が実現したのだから

鉄道ファンの多い関西の旅行者向けに、神戸三宮駅や新開地駅から

ナローゲージの四日市あすなろう鉄道線や前述の三岐鉄道北勢線に

連絡する近鉄四日市駅や桑名駅に団体専用列車を走らせて、

韋駄天のような近鉄特急とのんびりした軽便鉄道の旅を一挙に

味わうツアーを企画してはいかがでしょうね。

このツアーがきっかけとなって、四日市あすなろう鉄道線や

三岐鉄道北勢線の改軌が実現して、正真正銘の神戸市からの

直通列車が実現すれば言うことなしだけれど、さすがに

それは夢のまた夢でしょうね。